大学生が知りたいクレジットカードの仕組み

社会人の多くが日常的に利用しているクレジットカード。そして、クレジットカードは学生カードや家族カードなど学生でも使用が可能なクレジットカードもあります。

現在では、クレジットカードの他に現金以外でのキャッシュレス決済が当たり前の世の中に変化し、とても便利な時代になりました。

今回は、そんな便利な決済の中でもクレジットカードについて仕組みや注意点など基礎知識について学んでいきましょう。

 

クレジットカードとは、商品やサービスなどの決済において、カード保有者の信用によって後払いができるカードのことです。

クレジットカードと同じく決済に使えるカードとして、デビットカードやプリペイドカードが挙げられますが、クレジットカードとデビットカードやプリペイドカードの大きな違いは、現金が実際に引き落とされるタイミングです。

後払いになるクレジットカードの場合、特定の口座から後日引き落とされます。デビットカードは、支払いの直後に口座から現金が引き落とされます。

また、プリペイドカードは、事前に現金をチャージすることで支払いに使用できます。

 

キャッシュレスの種類

クレジットカード

  • カードの種類
    VISAカード、マスターカード、JCBカードなど
  • 主な支払い方法
    スライド式、読み込み式(IC)、タッチ式(非接触)
  • 引き落とし方法
    後払い(翌月以降の決済日にまとめて支払う)
  • 利用可能額
    カード会社が決めた範囲内
  • 年会費
    無料、または有料、カード会社や種類によりさまざま
  • 特典やポイント
    利用額に応じてポイントが貯まる

 

デビットカード

  • カードの種類
    VISAカード、JCBカードなど
  • 主な支払い方法
    スライド式、読み込み式(IC)、タッチ式(非接触)
  • 引き落とし方法
    即時払い(銀行口座から支払ったときに決済される)
  • 利用可能額
    預金口座の残高以内
  • 年会費
    無料、または有料、カード会社によってさまざま
  • 特典やポイント
    ポイント、またはキャッシュバック

 

プリペイドカード

  • カードの種類
    Suica、PASMO、nanaco、楽天edyなど
  • 主な支払い方法
    タッチ式(非接触)
  • 引き落とし方法
    前払い(事前にチャージした金額の範囲で、支払い時に決済される)
  • 利用可能額
    チャージした金額の範囲内
  • 年会費
    無料が多い
  • 特典やポイント
    ポイント、または割引など


出典:一般社団法人キャッシュレス推進協議会(経済産業省)

クレジットカードを発行するにあたっての注意点は、発行するためには事前の審査が必要となる点があります。

そして、クレジットカードの基礎知識として知っておきたいのが、クレジットカードにはランクが存在すること。

最もスタンダードなのは、年会費無料のクレジットカードです。次いで、ゴールドカード、プラチナカードがあります。カード会社によって、ランクの種類やサービス内容はさまざまですが、基本的にはランクが高いほど年会費も高くなり、その分、付帯保険やサービス内容もより充実していきます。

 

クレジットカードのメリット

クレジットカードには多くのメリットがありますので、メリットをよく理解して使いこなせば、普段の生活をより豊かにできる可能性もあります。

それでは、クレジットカードのメリットを学びましょう。

メリット①
ポイントが貯まる

クレジットカードには、利用額に応じてポイントを獲得できるポイントプログラムがあります。

貯めたポイントは景品や商品券との交換、他社のポイントプログラムやマイルとの交換、ほかにもキャッシュバックに利用するなど、現金払いよりもメリットがありお得です。さらに、日々のお買物にも使えるポイントに交換することも可能です。

 

メリット②
現金を持ち歩かなくて便利

例えば、多額の現金を持ち歩いていると、万が一紛失や盗難に遭ったときの被害も大きくなってしまいます。

その点、キャッシュレス決済のクレジットカードなら、普段のショッピングや海外旅行時も必要最低限の現金を持っているだけで問題ありません。

 

メリット③
公共料金や携帯料金のお支払いが便利

クレジットカードは普段のお買物だけでなく、水道光熱費などの公共料金や携帯料金などのお支払いにも利用できます。

毎月必ず発生するお支払いをクレジットカードにまとめれば、支払い時にコンビニや銀行、郵便局に行く手間がなくなります。

さらに、定期的な支払いになりますので、より効率的にポイントを貯めることにもつながります。

 

メリット④
交通系クレジットカードならオートチャージも出来て便利

交通系ICカードとクレジットカードが一体化された交通系クレジットカードなら、便利なオートチャージ機能も利用でき、チャージ不足の心配もありません。

 

メリット⑤
旅行傷害保険やショッピング保険が付帯するカードもある

多くのクレジットカードには、海外旅行傷害保険やショッピング保険などが付帯しています。海外旅行時やショッピングに関するトラブルに備えることができ、安心してクレジットカードをご利用いただけます。

 

メリット⑥
利用店舗によっては割引サービスやプレゼントもある

クレジットカードによっては、特定の店舗や提携施設などで利用すると、割引サービスを受けられたりプレゼントをもらえたりするものあります。カードの種類によってはさまざまな特典があることも、クレジットカードの魅力と言えます。

 

メリット⑦
利用明細が家計簿代わりになるため支出の把握ができる

クレジットカードをメインの支払い方法にすることで、利用明細が家計簿代わりとなり、家計管理ができます。月々の支出を確認をすることで、無駄遣いの削減につながるでしょう。

また、クレジットカードを使って貯まるポイントがキャッシュバックできるカードであれば、節約にもつながります。

 

メリット⑧
ATM手数料が節約できATMでの手間を軽減できる

時間や曜日によって異なりますが、ATM手数料は1回あたり110円~220円(税込)ほどかかります。10回繰り返せば、それだけで1,100円~2,200円の出費になり、ATM手数料も積み重なれば、無視できない出費になります。

しかし、クレジットカードを使う機会が増えれば、そもそも現金を引き出す必要がなくなるので、ATMの利用回数も減り、これまでかかっていた手数料も削減できます。

 

メリット⑨
クレジットカードは紛失・盗難時にすぐに止められるから安心

「クレジットカードを発行すると不正利用されそうで怖い」このような心配もあります。しかし、クレジットカードは、紛失や盗難時にWebまたは専用のデスクへ連絡を行うことで、すぐにカードを利用停止にできるため、万が一のときも安心です。

また、紛失・盗難の専用デスクは、24時間、年中無休で対応してくれるカード会社もありますので、万が一のときに備えて、連絡先はメモなどに控えておくことでサポートも受けられます。

 

このように、クレジットカードには様々なメリットがあり生活を便利にしてくれるツールとして活用されます。

ここからは、クレジットカードを持つことに対してのデメリットや注意点を学びましょう。

 

クレジットカードのデメリットや注意点

【注意点①】
お金を使いすぎてしまう可能性がある

クレジットカードを使っても、その時点ではまだ手持ちのお金には動きがありません。現金払いよりもお金の出入りのイメージがしにくいため、利用明細を確認するときに、想像以上にお金を使いすぎていたということにつながります。

そのため、クレジットカードの使いすぎが心配な場合は、カードの利用限度額を下げたり、レシートを保管して定期的に利用金額を確認すれば、ある程度使いすぎを防ぐことが可能になるので利便性だけではないことを忘れないことが必要です。

 

【注意点②】
不正利用のリスクがある

クレジットカードを持つと、紛失や盗難、スキミングなどによる不正利用が怖いという人もいるのではないでしょうか。紛失や盗難に所有者が気をつけることはもちろん、不正利用対策が充実しているカード会社のクレジットカードを選ぶことも大切です。

例えば、オンラインショッピングでクレジットカードを利用する際は、利用にともなって通販サイトにクレジットカード情報を登録します。しかし、セキュリティの甘いサイトだと、登録した情報が第三者に漏洩し、悪用されてしまう可能性がありますので、このようなこも理解しておくことが大切です。

 

【注意点③】
限度額に達すると一時的に利用できない

クレジットカードには、利用限度額が設けられています。事前に設定されていた利用限度額に達すると、一時的にクレジットカードが利用できなくなってしまうため、注意が必要です。

キャッシュレス決済をメインのお支払い方法にする場合も、万が一に備えて、多少の現金を持ち歩くことが対策として必要になります。

 

【注意点④】
支払いを忘れてしまう恐れがある

クレジットカードの利用金額は、毎月の支払日に登録した銀行口座から引き落としになりますので、支払日を把握して確実に支払う必要があります。

また、支払日とは別に、その月のクレジットカードの利用金額が締め切られる「締め日」もあります。締め日以降のクレジットカードの利用は、翌月扱いとなりますので、締め日についても把握しておく必要があります。

 

まとめ

今回は、クレジットカードについての基礎知識としてメリットとデメリットになりうる注意点をまとめました。

クレジットカードは、サービスを前倒しで受け取ることのできる便利な手段になります。

ですが、生活スタイルや使用方法には十分な理解と考え方、計画がなければ、それが返って自身の生活を圧迫する材料にも変化します。

そのような事を十分に理解をした上でクレジットカードを持ちましょう。

それでは。

関連記事

TOP