大学生活の過ごし方

大学生活は学生ライフで最も楽しい時間かもしれません。

理想の仕事に就くために勉学に励む人もいればバイト中心の生活を送る人もいるかもしれません。

大学生活は人によって時間軸が違うものです。

「毎日暇だなぁ」と感じる人もいれば、「毎日単位の取得や資格取得のため時間が足りない」

と感じる人もいます。

皆さん平等に与えられている『時間』をどう使うかはとても重要です。

社会に出る準備としてお金の知識をつけておくことで仕事をする際や家庭を持った際などにとても役立ちます。

大学生活中に金融知識を得るためにとても良い方法として大学生でも取得できる金融資格があります。

  • ファイナンシャルプランナー
  • 外務員資格
  • 証券アナリスト
  • DCプランナー
  • 年金検定
  • 相続検定
  • 中小企業診断士
  • プライベートバンカー資格
  • etc

その他、多くの資格があります。

こちらを取得しておくだけでも金融知識は高まりますし、就職をされる際もプラスに働くこともあるかもしれません。

お金の知識をつけるという事はどう私たちにプラスに働くのか?を見ていきましょう。

消費、投資、浪費が明確に判断できるようになる

金融知識を得ることでお金の使い方を明確に判断できるようになります。

お金について損をしない知識や知恵によって今後の生活が豊かになる。

お金の増やし方を知ることができ、資産を形成することができる

投資について学ぶ事で自分だけでなくお金も働かせる術を知ることができ、車を購入する資金、結婚する際の資金、老後の資金など未来必要とされるお金の準備をおこなうことができるようになります。

税金対策をすることができる

お金について学ぶという事は税金についても対策がとれるようになります。

税金は国にとっての大きな収入源であり、国民は納める義務があります。

各項目によって税率は異なるため、最低限の税務知識はつけておくと良いです。

まとめ

限られた『時間』という『資源』をどこに、どう使うかで今後の人生は変わってきます。

沢山のチャレンジと経験をして大学在学中に金融資格+金融知識を習得し充実した大学生活を送りましょう。

関連記事

TOP