大学生で知っておきたい節約術

大学生活でお金を得るタイミングは、バイト給与・親からの仕送り・お年玉や何かしらお祝い金をもらうときではないでしょうか。

社会人とは違いお金を稼ぐという事で大学生活を送っていない分、日ごろの生活は『節約』をしてお金のやりくりをする学生も多いです。

そこで今回は、大学生の皆さんが知っておくと役立つ節約術についておまとめします。

節約は『我慢』ではなく『辛抱』です。

  • 『我慢』
    辛いことを耐えしのぐこと。
  • 『辛抱』
    実現させたい物事に対しての努力に伴う辛さ。

似ているようで違いますね。
節約は単につらいのではなく目的があっての努力から起こる辛さ、いわばお金を貯めるため、欲しいものを購入する為など目的をもって節約する事がポイントです。

目的のない節約は我慢となりつらさを感じ継続性もありません。

何事も目的が大事なのです。

節約!5つのやり方

では節約をどこをどのようにおこなうか見ていきましょう。

① コンビニでの買いもの

コンビニは便利で新商品が並びついつい立ち寄り、ついつい何かしらを買ってしまいます。

朝ごはんやお昼ごはんそして夜ごはんなどコンビニのもので済ませる習慣を続けてしまうとお金は無くなっていく一方です。

そしてマイボトルを持ち自動販売機やコンビニでもペットボトルの飲料水を買わないことも節約になりますし環境にとっても良いです。

今、SDGsへの取り組みの注目されていますので同時に貢献できます。なるべくスーパーで買い物をし自炊を心がけましょう。

そして、アルバイトをされる方は賄い飯アリのバイト先にて食費を節約できます。

② 毎月の購入品(服やコスメなど)を減らすor無くす

なんとなく毎月お店やネットショッピングで服やコスメなどついつい買ってしまうそんなことありませんか?

購入したものの気分で購入しているため全く着ていない服や使わないコスメだけが溜まっていく事もあると思います。

ですが、お洒落は楽しいですし綺麗になる新商品のコスメを試したりすることはワクワクしますね。

しかし、服やコスメはトレンドや体系、肌質の変化などで使用できなくなってしまい多くのお金を費やしたものが価値を成さないものになってしまいます。

本当に必要なモノのみを購入するようにしましょう。

③ 付き合いの飲み会

お酒が飲めるようになり友達同士で居酒屋やバーなどで飲むことは楽しいことです。

しかし、1軒目で3千円使ったとしてその後2軒目やカラオケに行き更に3千円使ったとします。合計6千円それを1週間に3回行ったとすると1万8千円です。

毎週行くと1ヶ月で7万2千円です。

楽しい時間は大事ですがこの費用を考えると支出レベルでは非常に大きいです。

必要な飲み会だけに絞り、なるべく自宅で飲むなどしてお金の使いすぎもトラブルも防止することができます。

④ 様々な学生割引を使用する

学生の為に様々なサービスで学生割引制度があります。

例えば。。。

  • 交通、旅行(電車の乗車券,高速バス,カーシェア)
  • Apple製品(PC,スマホ,iPad)購入
  • 博物館
  • 映画館
  • 音楽鑑賞
  • 各種レジャー(ディズニーランド/ユニバーサルスタジオ)

など、『学割』や『学生優遇』などで調べると使いたいサービスが受けられるか分かります。必ず学生証明書などを携帯しておきましょう。

実際に学生である事で普段購入するものや使うサービスを安い費用で得ることができます。

そうする事で節約につながり学生という特権もフルに活用することができるのです。

⑤ フリマサイトをうまく活用する

フリマサイトとはネット上のフリーマーケットの事です。

不要なものはフリマサイトに出品し少しでもお金に換える事で廃棄する予定だったものがお金に代わるのです。

そして本なども出品してありますので新品の本を購入するのではなく中古の本を購入するなどフリマサイト内で少しでも安く購入する、少しでもお金に換える事をおこなってみて下さい。

まとめ

代表的な5つの事をお伝えいたしましたがまだまだできる事は多くあります。

目的を持ち辛抱して節約に励むことで社会に出てやりたいことの幅も広がり、お金の使い方も上級者になります。

無駄を省く事は人生でとても難しいことです。

しかしその無駄を省くことができれば大学生の皆さんにとって大学生活はもちろん社会人になっても役立ちます。

家庭や学校で節約法を教えてくれる大人がたくさん増えていくといいですね。

ご両親、先生、学生の皆さんで大学生活を充実させるために手を取り合っていきましょう。

関連記事

TOP